開発職の気になる年収

開発職として仕事をしている方の中には、「今の収入は、相場と比べると多いのだろうか?少ないのだろうか?」と疑問を抱いたこと、一度や二度ありますよね。仕事をはじめた頃は、年収よりも「まずは、仕事に慣れなければ」「仕事を、しっかりとこなしていかなければ」という思いが先に立ちますが、ある程度仕事に慣れてくると「この収入は、見合っているのだろうか?」と感じる方もいるでしょう。

開発職と一言で言っても、様々な分野がありますよね。例えば、プログラマとして仕事をしている方の場合には、年収1,000万円を超えている方もいれば、300万円前後の方もいます。システム規模によって、知識力や経験力によっても、大きく差が出てくるということ。SEの場合には、400万円から1,000万円が年収相場。プロジェクトマネージャーという立場になると、450万円以上の方が多くなり、中には1,000万円を超えている方もいます。システムコンサルタントとして仕事をしている方の場合には、600万円から1,000万円と高額収入となっている方が多くなります。

このように、同じIT系開発職でもどういった分野の仕事をしていくのか、どのくらいの規模の仕事をするか、勤めている企業の規模によっても収入差が変わってくることになります。もちろん、どのくらいの経験を積み、どういった仕事をしてきたのか、どういった責任を果たしてきたのかによっても収入に影響してきます。転職を考えた際には、やはり今までの経験や知識が大きな武器となってきますから、まだ経験が浅いと感じている方は、もっと経験を積んでからチャレンジした方が収入アップにもつながるでしょう。収入アップを目指すエンジニアに送る、おすすめの転職情報サイトはこちら。<エンジニアのための転職講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です